引っ越し祝いに胡蝶蘭の魔力を使いましょう

お祝いにお花を送るにはどんなお花が良いでしょうか。心のこもった贈り物をしたい、相手が喜ぶものを贈りたい、お祝いの時には贈る側の方も心がときめきます。
親しい間柄でしたら、相手の好きなお花も素敵です。どんなプレゼントでも心がこもっていれば、相手の心にあたたかく響くことでしょう。
気の張る相手先への贈り物は、やはり、最も高級と言われている胡蝶蘭が良いのではないでしょうか。


花の間が長いので、枯れるまで相当の間を楽しめます。
また、胡蝶蘭ならば華やかな空間を演出します。そして、その胡蝶蘭を見た、他の方も、立派な花を飾られている、と思われますし、立派な取引先がいらっしゃる、とも考えられます。
胡蝶欄を贈るのは、相手に対して、最良の贈り物をします、という意志の表れであり、最高の敬意を示していることになるのです。
胡蝶欄、には高級、最高、といった雰囲気を醸し出す魔力があると言われています。
文句ない引っ越し祝いなら、先ず、胡蝶蘭で良いでしょう。
引っ越し祝いに胡蝶蘭が沢山ならんでいるのを見るのも、「立派なお知り合いが多いのだわ。」と、荘厳な感じが致しますし、他のお祝い、観葉植物や他の蘭が並んでいる中に胡蝶蘭があれば、やはり、「おお、胡蝶蘭、どなたからだろう。」と思うものです。
贈り物の中でも胡蝶蘭は別格です。ひときわ価格も高いのです。
花を知らない人でも胡蝶蘭を知らない人は少ないものです。
引っ越しという大きなお祝いには、そんな胡蝶蘭をぜひ用意してみませんか?もっと、○○して置ければよかった、ということのないように、最善のお祝いを用意して準備いたしましょう。
贈られる胡蝶蘭には、メッセージやカードを必ず添えましょう。
お花の力に言葉が添えられると、より、心のこもった贈り物となって相手に届きます。
胡蝶蘭は、手入れも難しくありませんし、匂いもさほど気になることは有りません。花粉に敏感な方も、そう神経質にならなくても問題ない程度であると言われています。
胡蝶蘭を贈られた方は、盛大に祝われている、迎えられている、という事を喜ばしく思われる事でしょう。それは、最高の花を贈られているのですから。
胡蝶蘭程、問題のない、スマートな贈り物はないともいえます。間違いのない贈り物です。
それは、宝石の中でも、ダイヤモンドと他の石、という違いに似ているとも言えます。エメラルドやサファイアも美しいですが、やはりダイアは格別な物。本物を贈りたい時には、ぜひ、胡蝶蘭をお勧めします。

飲食店の開店祝いに喜ばれる胡蝶蘭

胡蝶蘭は、白く美しい花をつけるラン科の植物の一つです。茎はごく短く直立し、上には4枚程度の葉を密生し、下方からは多くの根を出します。根は太くよく伸びます。このような特徴を持つ胡蝶蘭は、お祝いの定番と言われています。
お祝いの中でも、開店祝いは、友人や知人などが、新規にお店をオープン、または出店する際に贈る贈り物のことをいいます。居酒屋などの開店祝いでも、胡蝶蘭を贈るのが一般的となっていますが、これには、4つの理由があります。
1つ目は、縁起のいい「花言葉」を持つという理由です。胡蝶蘭の花言葉は「幸せを運んでくる」で、鉢植えは「根付く」の意味になるので、合わせて「幸せが根付く」になります。お店にとっては「お客が定着する」という意味になり、縁起のいい贈り物です。
2つ目は、花粉・香りが少ないという理由です。居酒屋などの飲食店では、花粉や強い香りを嫌がる方もいらっしゃいます。その点、胡蝶蘭は花粉・香りが少なく、贈り物として適しています。
3つ目は、花持ちが良く、長く楽しめるからという理由です。フラワーアレンジメントと比べると非常に長持ちしますので開店後もしばらくお店に飾ることが出来ます。また、スタンド花に比べると置き場所に困らないのでフラワーギフトの中で最も喜ばれる贈り物になっています。
4つ目は、時期を選ばないという理由です。胡蝶蘭は年中栽培されます。そのため「旬」のある他の花と比べて、どの季節でも美しさが変わらないため贈る時期を選びません。
また、胡蝶蘭は、高級な花です。実際に、花屋さんでチェックしてみると、少しびっくりされるかもしれません。お祝いの場合「割れない数」として奇数の本数を揃えますが、胡蝶蘭の場合、最も手頃な3本立でも1万5千円~2万円ぐらいの値段が付いています。花びらが大きいものを選ぶと2万5千円ぐらいします。さらに、豪華な5本立てにすると3万円ぐらいになります。そういう意味でも、胡蝶蘭は、友人や知人などの開店祝いで、お店を華やかにしたいという場合にはおすすめです。
次に、お祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナーについてですが、贈る時期はタイミングを外さないことが大切です。贈る時期については、祝いの種類によって違いますが、居酒屋の開店祝いでは、オープンの前日に贈ります。その前に、お店に置くスペースがあるかを確認することも大切です。また、立て札は必ず付けるようにしましょう。たくさんの贈り物が並んだ時に、立て札があれば誰から宛てられたものか分かりやすくなります。それと、お祝いのメッセージを添える、奇数の本数を揃えることもマナーとして大切です。
胡蝶蘭は、贈り先の方に喜ばれる贈物です。自信を持って贈ることが出来る贈物です。

引越し祝いに胡蝶蘭を贈ると自分にも相手にも幸運が舞い込む。

引越しのお祝いや新築のお祝いに贈り物を差し上げにあたり、もっとも良いのは胡蝶蘭と言われています。

胡蝶蘭の花言葉は、「幸せが飛んでくる」なのです。それは花びらがまるで蝶が舞っているようなイメージでもたれる事から、まるで蝶蝶がひらひらひら~と、幸運を運んでくれると、大変に演技の良い花だとされているのです。

そして胡蝶蘭は繁栄や安定などを表す意味のお花でもあり、古代ギリシャでは子孫繁栄をも願って蘭を食していたと言う時代もあったそうなのです。
更に、胡蝶蘭は他の花と比べて長持ちするという花だと言われています。
長い間、とても美しい状態で美しい花姿を楽しむことが出来るのです。

そのような言われや花の持ちの長さからと、安定のシンボルとして誰からも愛されるお花なので、引越しや新築で生活環境を変えられた方には特に贈りたいと言われてるのはそんな理由からなのです。

また胡蝶蘭を引っ越しや新築祝いに贈りるに良いと言う理由は、適した環境で育てていれば、断然他のお花と比べても断然長持ちの点と、1週間から~10日間に一度ほどのペースで、しかもコップ1杯のほどの水やりで済み、15度以上に暖かいお部屋であれば、通常は1ヶ月ほどもきれいな花姿を楽しむことができるのです。贈られ主が男性でもこれならば管理が出来ます。

息の長いお花としても、環境が変わった生活をさせる方へ贈る物として、とても縁起が良いのです。
また引越しをされる方は引越し前後生活は物凄く多忙になることから、手のかからないお花を贈らせてもらうと言う事は、贈り手からの優しさであったり愛情であったりもします。

上記のことからでも、胡蝶蘭はとても優美で可愛らしい花姿で必ず贈り先の方に華やかさと癒しを与えてくれるのです。
そして何と言っても幸せを運んでくると言う花言葉を持つので大切な方へ贈らせて頂くプレゼントとしては最も選んで欲しいものなのです。

また胡蝶蘭は様々な色のバリエーションもあるので、贈る方の雰囲気や好みに合わせて選んで差し上げるのが良いと思います。
贈る側の好みよりも、贈られる側の好みをしっかり把握して、選ぶと更に喜ばれることでしょう。

定番カラーのホワイト。女性に人気のピンク。赤リップは縁起がとっても良いカラーです。
黄色はとても個性的。またグラデーションは胡蝶蘭には珍しい品種なので、芯からのお花好きの方にはグラデーションも良いと思います。

近しい方が引越しをされるならば、是非、引越し祝いは胡蝶蘭を選んで、相手にも自分にも幸運が舞い込みますように。